RSS | ATOM | SEARCH
コピー&ペースト 【9.28明治神宮球場】

 それにしても先日の巨人戦で投手の西村を代走に使った場面はショックだった。
去年の外野守備も大概だと思ったが、いくらなんでも投手の代走はない。
あんなもの采配といえるのか。
あれで私の真弓明信への信頼は地に落ちたような気がする。
いや、理解不能な采配や選手起用はシーズンを通せばとのチームにもあるだろうし、
過去を遡れば星野仙一にも岡田彰布にもあった。
今季の作戦面での「?」は、横浜スタジアムで二度観た鳥谷の送りバントが最たるものだったが、少なくともそこに “作戦” というものが存在するのであれば、所詮は素人の結果論の範疇だと思うことにもした。
しかし西村の代走起用だけは次元が違っていた。
監督を信頼できなくなったチームを応援するのはしんどい。
すべてが疑心暗鬼となってしまう。
新井が会心のスリーランをレフトスタンドに放り込んだところで、どうせまた再逆転されるのだろうという予感は消えることなく、バレンティンのバットが快音を響かせると「ほら、やっぱりね」となる。

s_mayumi.jpg 現役時代の真弓を嫌いだったというタイガースファンはまずいないと思う。
鋭いスイングとしなやかな体躯から繰り出されるパンチ力。
我々に田淵幸一の喪失感を忘れさせるほどの活躍であったし、クールな風貌と佇まいも人気に拍車をかけていた。
それは真弓の選手時代の勇姿は目に焼き付いているし、記憶を“上書き保存”せず、きちんと“名前を付けて保存”しているつもりではいる。
しかし選手時代のクールさが今は淡白に思えてならない。
そもそも指揮官として熱血でもなければクレバーでもない。
三年も真弓の野球を観てきて思うのは、セオリーに従って淡々と日常業務をこなす助役のイメージか。
セオリーに従うにしても、それを動かす駒を揃えなければならず、
それを揃えていく作業にどれだけのセンスがあるのかがさっぱりわからない。
少なくとも選手を叱咤し、激励しながら力を引き出す図がまるで浮かんでこないし、
「そういうのはコーチの役目だから」などと割り切っている風でもある。
ファンが監督を信頼しないのは勝手だが、選手たちとの相互信頼まで疑わしいとなるとこれは問題ではないか。
野村や星野のように指揮官の言動が突出するチームがベストはいわないが、
選手たちに「この監督を胴上げするんだ」という気持ちを抱かせなければ、とてもチームとして高揚するものにはならない。
私が書いているのは、これまでの試合ぶりと外見から勝手に想像したイメージが大半なので、来季も契約が残っているならば、選手に尊敬される器になってもらいたいし、そうなるべく努力はすべきだろう。
そして、これを書いた私がとんだ赤っ恥を掻くぐらいの結果を見せてもらいたい。

 先発が打たれ、一旦はホームランで逆転するも継投に失敗。
結局、ビッグイニングを作られての再逆転負け。
ヒット数は相手を上回るも得点に結びつかず九回裏の藤川球児の出番はなし。。
先頭打者を出し、守備の乱れが失点につながり、ランナーを溜めてはスコーンと打たれる。
この試合と前日の試合で、どこに差異を見出せばいいのか。
まるでコピーした27日の展開を、28日にペーストしたような試合ではないか。

 私は「金返せ」という言葉は大嫌いで、これほどファンとして恥ずかしい言葉はないと信じているが、今回はあまりにユーザーに対して失礼な試合だったのではないだろうか。



◎9月28日(水)|ヤクルト18回戦(神宮)18:00開始/19968人/3時間32分
先発:秋山×七條|スコア:5-8|勝:松井光/S:林昌勇/負:秋山
※Tigers DATA lab.


author:ZAto, category:阪神タイガース・野球, 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://www.blog-zatopek11.net/trackback/344
みんなのブログポータル JUGEM