RSS | ATOM | SEARCH
綻び 【9.10明治神宮球場】

kubo.jpg 
 神宮の喫煙所で阪神ファンの「あー」という叫びとどよめきを聞いた。
何事かと携帯の実況掲示板を見ると、鳥谷がエラーした瞬間だったらしい。
だから直に落球は観ていないが、スタンドの雰囲気は十分に伝わる。
そのどよめき声は、怒声と絶望と諦観がない交ぜになったようなやるせなさで、とても首位スワローズとの決戦に臨むテンションとは程遠いものだった。

 さて、スワローズの8安打6得点に対して、タイガースは11安打を放って2得点。
どちらかといえばタイガースの自滅だとしても、完敗には違いない。
小川淳史と真弓明信の勝利に対する執念の違いがもろに出てしまったように思う。
その象徴がマートン、関本の連続ヒットで無死一二塁となった6回表の場面。
金本三振の後に林が代打に送られると、すかさず小川監督は左の日高にスイッチ。
6−2の場面で、金本を三振に抑えた押本を下げるあたり、「何が何でもこの一戦をものにする」という執念の違いを感じる。
結局、タイガースはむざむざと林の打席を消されてしまうことになるのだが、
こういう時、感情を表に出さない真弓が淡白に映ってしまうのだ。

 毎度、神宮で劣勢になるとかつてここが鬼門だった頃のことを思い出す。
昔から梶間や安田という虎キラーがいた。
とくに梶間が出てくると手も足も出なかった。
さらにタイガースの長い暗黒時代はスワローズが強かった。
大量リードを喫しているにも関わらず、野村克也にスクイズでおちょくられた試合など、
泣きたくなるほど強烈な思い出として残っている。

 それにしても昨日、今日でタイガースの失策数が6とはどういうことだろう。
集中力が欠けていたのか、それとも緊張して力んでいたのか。
関本、鳥谷、平野という面子ならば、そのどちらもあり得ないと思うので、
これもやはり負の連鎖といえるのかもしれない。
去年もそうだったが、今季もヤクルト戦は勝ち越してはいるものの、
ローテーションの裏に当たったり、館山、石川の左右のエースとの対戦がなかったりと、わりとラッキーな対戦が続いていた。
案の定、館山、石川との対決では勝てなかった。
まだスワローズとは明日も含めて9試合が残っているので、非常に心配だ。



◎9月10日(土)|ヤクルト15回戦(神宮)18:00開始/30869人/3時間04分
先発:久保×石川|スコア:2-6|勝:石川/負:久保
※※Tigers DATA lab.



author:ZAto, category:阪神タイガース・野球, 04:49
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
ザトさん、こんにちわ。

>まだスワローズとは明日も含めて9試合が残っているので、非常に心配だ。

オイラもそう思ってます。
今の実力なら確実に負け越すのは間違いでしょうね。
昨日現在で残り試合がタイガースは35試合。
もうCSにも進出できそうにもありません。
まぁオイラはCSなんてもんは嫌いだから関係ないですが・・・。

そういえば、来季も真弓体制らしいですね。
ってことは、来年もV奪回はないなぁ。

あと40代の選手が抜けた後、20代・30代の選手達でやっていけるんだろうか?
もちろん補強もあるんだろうが、なんでタイガースは若手の伸び率が遅いのか?
良い指導者がいない=若手が伸びない
この次式はあってるんだろうね!

ひ〜やんが引退するまでって約束で伸ばし始めた髪も腰辺りまで伸びてそろそろ面倒くさくなってきたなぁ。
髪を束ねてなければ、内田裕也みたいですよ〜。
あそこまで白髪じゃないけどね(^○^)

日本一は無理としてもセ・リーグ制覇はこの眼が黒いうちに見届けたい。
メガネをかけて両目とも0.5はきついしなぁ。
殆どが乱視ですけどね(^^;。
歯も抜けてしまって部分入れ歯もやめたし、差し歯も時々ですが調子が悪い。
もう一度、高校生に戻りたいなぁ(>_<)

井上陽水の『人生が二度あれば』をもっと真面目に考え行動していればなぁと思う今日この頃であります。
しんじろう, 2011/09/13 4:08 PM
しん兄ィこんばんは。

髪が腰?凄いことなってますねぇ。
ひーやんは好調だけど、いい加減世代交代を進めていかないと。
タイガースの若手は指導者不足もさることながら、
2軍のうちから関西マスコミにちやほやされて、結果がダメだと袋叩きにされる。
この循環を断ち切らなければ伸びるものも伸びませんでしょうね。

> ってことは、来年もV奪回はないなぁ。

「V奪回」という言葉もそろそろ賞味期限ギリギリになってきました。
メガネをかけて両目で0.5ですか、しかも乱視で。
自分も入れ歯をすっかりつけなくなったし、最近はションベンのキレが悪い(汗)。

ということで「人生が二度あれば」の替え歌を。

♪カネは今年四月で 四十三
バットの振りはブレて ゆくばかり
記録が止まり
このごろやっと ゆとりが出来た
人生が二度あれば
この人生が二度あれば

zato, 2011/09/13 11:52 PM









Trackback
url: http://blog-zatopek11.net/trackback/341
みんなのブログポータル JUGEM