RSS | ATOM | SEARCH
もっと牙を 【9.9明治神宮球場】
虎
 (相川の親指は折れている・・・)
スポーツニュースのスワローズ特集での冒頭のナレーション。
板を当ててテープで固めた相川の指。
そして館山が復帰した今日、由規が登録抹消される。
その相川のミットめがけて投げるエースの球に“気”が入らないわけがない。
怪我から戻ったばかりの館山は万全の調子とはいえなかったと思う。
身体は重そうだし、カミソリのようなスライダーで三振の山を築くほどでもない。
しかしネット裏の2階スタンドに館山の気合いは嫌が応にも伝わっていた。
もちろん試合から遠ざかっていれば、立ち上がりに不安を抱いてはいただろう。
タイガースは鳥谷の左中間ツーベースから新井のセンターオーバーホームランで先制。
そんな館山の不安に付け込んだ初回の攻撃は鮮やかだった。

 「この2点が“スミ2”にならなければいいけど・・・」
ツレとそんな話をしていた。今季のタイガースの攻撃陣には常に疑心暗鬼だ。
そしてそれが見事に的中してしまう。
岩田は先制を上げたすぐ裏の青木には大事に投げてほしかった。
総じて岩田の投球は心許ない。相手の気を跳ね返す気概に欠けていたのではないか。
何となく投げて、何となく打たれて、何となく降板したような雰囲気で、
気合満面でマウンドに立った館山と比べて、何とも淡白な印象しか残らなかった。

 バレンティンの前にゲッツーが完成していれば。
 新井の当たりに風のアシストがあれば。
 金本の大ファールがうまくポールを巻いていたら。

 こんなタラレバを気にしているうちは、まだ試合の流れはタイガースとスワローズの間で停滞していたのかもしれない。
ところが八回一死一三塁の場面で代打の上本が二飛。
続く鳥谷がインコースに手が出ずにストライクを見送って三振。
この絶好機を逃したことで、最終的な流れは完全にスワローズに傾いてしまった。

 その裏の攻撃で畠山の二塁打を林が素直な送球を返していたら。
 関本がきちんと捕球していれば。
さすがに、こんなタラレバは成り立つものではない。

 スワローズに勝つには虎は牙を剥き出しにしなければならない。
マートンと大和が盗塁したように、もっと相川の負傷につけ込む非情さが必要ではないのか。
こうして毎年のように、秋になってCS出場権を巡る闘いに絡んでいることはファンとして有難いが、それだけでいいのだろうか。
ここ一番の試合で牙を剥き、猛々しく吠える姿。
我々が本当に観たいのはそういう虎なのだ。



◎9月09日(金)|ヤクルト14回戦(神宮)18:00開始/23845人/3時間05分
先発:岩田×館山|スコア:2-4|勝:館山/S:林昌勇/負:岩田
※Tigers DATA lab.




author:ZAto, category:阪神タイガース・野球, 13:59
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
ザトさん、こんにちわ。

虎の今シーズンも終わった感じですかねぇ。
2008年の時だって優勝するかもって思ったら読売にさらわれた。
今年も途中までは行くんだけど詰めが甘くて失速してゲーム差がついた。

リーグ制覇&日本一は生きてる間に実現するのだろうか?
しんじろう, 2011/09/12 10:36 AM
しん兄ィ、毎度です。

このたびの神宮に関しては、カープに3タテしたタイガースが、その勢いだけで闘ってやろうと、大した考えもなしに新幹線で大阪から乗り込んできた、と。
ところが迎えるヤクルトは満身創痍で、戦力はいっぱいいっぱいながら、どう虎を攻略しようかと考え抜いて、かなりのテンションで闘いに臨んできたわけですよ。
「小川さんを男にしたい」という思いが悔しいけどビシビシと伝わってきました。
果たしてタイガースナインに「真弓さんを男にしたい」というモチベーションがあったのか否か。
タイガースとても生半可な気持ちではペナントを闘えないことは身に染みてわかったでしょうから、そこから上がっていくか落ちていくのか、明日からいよいよ正念場です。

> リーグ制覇&日本一は生きてる間に実現するのだろうか?

今年の優勝は厳しくなったので、3位以内にどう滑り込むかなんでしょうが、
しん兄ィはCS反対論者だったですね。
日本一となると2リーグ分裂60年でだったの一度ですから、さて我々が生きている間に日本一はありますでしょうかねぇ(汗)。
zato, 2011/09/12 11:08 PM









Trackback
url: http://www.blog-zatopek11.net/trackback/340
みんなのブログポータル JUGEM