RSS | ATOM | SEARCH
スミ1と押し出し同点 【8.21横浜スタジアム】

 強烈に印象に残る試合と、そうでもない試合とがある。
今夜の試合は残念ながら、雨の中で観た幾つかの記憶と一緒くたとなって、
残念ながら、あっという間に忘却の彼方に霞んでしまうだろう。

雨の浜スタ.jpg

 朝から雨が降ったりやんだりの愚図ついた天気。
気温が一気に下がって早くも秋の装いの中で行われた横浜スタジアム。
日も短くなり、この間まで西日のきついスタンドでプレーボールの声を聞いたのが嘘のようでもある。
そのすっかりナイターの様相を呈する中、タイガースの先制点は鮮やかだった。
マートン内野安打、平野送りバント、鳥谷タイムリーヒット。
初回の速攻であっさりと1点をもぎ取る。
この先制点で「今日は行けるぞ」と思いながらも、
どこかでこの先取点がスミ1となってしまう予感も走る。
悲しいかな今、タイガース打線は疑心暗鬼の中にある。
それほど京セラでのカープに三連敗したことが尾を引いているのかもしれない。
予感は的中。延長十一回が終了し、タイガースは1点のままだった。

 試合が成立する五回あたりまで雨は降っていた。
降雨のゲームだと恣意的に試合成立を急ぐ判定になる傾向があるのかもしれないが、
それにしても球審の木内氏のストライクゾーンは異常に広かった気がする。
今年は統一球になって打球が失速することが取り沙汰されているが、
一方で審判もセパで統一されたことによるストライクゾーンの広がりを指摘する声もある。
両リーグとも今季は3割打者が異常に少なく、投手陣の防御率は異常に高い。
拙攻のベイスターズ打線とはいえ、10安打放ちながら結局得点は押出しの1点のみ。これは広いストライクゾーンと無関係だったとはとても思えない。
しかも雨も上がったあたりから、今度はストライクゾーンが狭くなった。
七回の押出しはメッセンジャーがそこそこ厳しいコースを突いたのが、すべてボール。
同じ試合の前半と後半でストライクゾーンが変わってしまったとすればメッセンジャーもたまったものではなかったろう。

 そういうことも含めて納得のいかないことが多い試合だった。
七回、一死満塁のピンチでベンチがマウンドに送り出したのは渡辺亮。
修羅場くぐりの実績を買っての起用なのだろうが、石川、金城と左が続く場面だ。
野球が確率のゲームであるとするなら、やや博打的な采配だったのではないか。
ベンチが亮に絶対的な信頼を置いている、または榎田や小嶋では怖いという判断があったのならば仕方ないことかもしれないが、結果オーライだったとして、これからもそういう起用を続けて行くつもりなのだろうか。
逆に村田、中村紀、渡辺直と右が続くところでマウンドには榎田。
そして九回裏の7番から始まる下位打線で藤川球児。
確かに同点の場面でビジターが先に守護神をつぎ込むのは定石なのだろうが、
十回の表は大和から始まる下位打線。点が入る確率ならば次の回の攻撃だ。
時間的にあと2イニングまでは行ける場面での藤川投入はいかがなものだったか。
そしてうるさいベイのトップから始まる裏の攻撃でマウンドに福原。
一週間前の神宮の悪夢が蘇るというものではないか。
案の定、ランナーをためて二死満塁となってしまう。
下手すれば今回の観戦記のタイトルは『押出し同点、押出しサヨナラ』になってしまうのかと覚悟してしまったほど。
まあ選手起用にとやかく批判しても仕方ないので、疑問を呈するだけに留めておくが、
どうしても納得いかなかったのが、九回表の鳥谷のバント。
先頭の平野がヒットで出て俄かに盛り上った球場のボルテージも、一気に下がるというものだろう。
鳥谷へのバントのサインについては7月15日の浜スタの観戦記でも批判した。
また同じ内容の繰返しは避けるが、この時点で今日の勝ちはないと確信してしまった。
セカンドに走者を置いて四番の一打に賭けるのはわからないでもないが、
今日の試合に限っては(?)確率は新井よりも鳥谷だった。
おそらく藤江は鳥谷から自動アウトをもらえてどれだけ助かったことか。
結果はどう転ぶかわからないにしても、少なくとも相手がほっとする野球をやっていたのでは勝てるものも勝てない。

 唯一、六回裏の一死3塁のピンチで、一二塁間に高いバウンドのゴロを狙っていた金城のバットコントロールを狂わせて、下園を本塁で仕留めた場面。
そこだけは「よっしゃ!」スタンドで叫んだ。

 願わくは火曜日からの東京ドーム三連戦。
その「よっしゃ!」を連発するような展開になってくれればいいのだが。



◎8月21日(日)|横浜16回戦(横浜)18:00開始/14256人/3時間49分
先発:メッセンジャー×三浦|スコア:1-1
※Tigers DATA lab.


author:ZAto, category:阪神タイガース・野球, 01:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog-zatopek11.net/trackback/335
みんなのブログポータル JUGEM