RSS | ATOM | SEARCH
マグニチュード 9.0

 昨日(11日午後2時46分頃)に起きた東北沖を震源とする大地震について。
ニュース映像に映し出される宮城、岩手の災害の凄まじさを見るにつれ、たかが帰宅難民になりかけた身で当事者のごとく書くのは非常に心苦しいのだが、震度5は生まれて初めての体験であり、揺れの体感と帰宅するまでの顛末について書き残しておこうかと思う。

 その時、私は豊島区要町、9階建てビルの3階部署にいた。
最初、揺れは小波のようで、職員のひとりが「地震かな」と気がつき、誰かが「おお、揺れてるな」と呼応した程度のことから始まった。
そのうち次第に横揺れが大きくなり、「これデカいぞ」となって、全員が立ち上がった途端に左右に振られるようになり、「何かにつかまろう」という声がした後は全員が途方にくれたようにただ揺られるままに身を任せていたという感じだった。
この部署には頑丈な机があるわけでもなく、大きな書類棚があるわけでもないので、私はパーテーションに掴まっていたのだが、実際はパーテーションが倒れないように抑えていたというのが正解なのかもしれない。
「テレビ、NHK」と頼んでテレビをつけてもらうと、渋谷を映し出した画面が大きく揺れており、すでに三陸沖が震源であるとテロップが流れていた。

 揺れが一旦収まったので4階の事務所に駆け込むと事務機器が崩れ落ち、給湯器付近ではガラスのコップが割れ、トイレのドアから水が漏れ出している。
ビルではフロアをひとつ上がるだけで揺れが増す。床を拭いていると地震の第二波。
今度はドアを開けていたので外の音が耳に飛び込んでくる。
階上フロアから人の叫ぶ声が階段を伝って響き渡り、「ガツン、ガツン」と宙吊りのエレベーターの箱が壁にぶち当たっている轟音が激しさを増す。
地震は揺れの大きさはもとより、悲鳴や音が恐怖心を煽ってくることがよくわかった。
窓の外を見ると電柱や信号が激しく揺れて、舗道では通行人や商店の店員たちが立ちつくしていた。

 NHKの画面には「東京・震度5」のテロップ。私には初体験の震度だ。
とても立っていらずにしゃがみこむほどのことでもなく、天井の部材の落下や、棚が倒れてくるほどではなかったのだが、揺れている最中はどの程度で収まるのか、さらに酷いことになるのかまったくわからないのが本当に気持ち悪い。
さらに揺れが収まっていているのか、まだ揺れているのかもわからなくなる。
「まだ揺れてる、まだ揺れてる」との声。余震は本震を上回ることはないとはいわれるが、
常に揺れ続けているように感じてしまう。それも気持ち悪い。

 テレビのニュースが各地の被害を伝えている。
津波が絨毯のように集落を呑みこんでいく映像はあまりに現実感が乏しく、職員も呆然と見送るのみだったが、各地域の震度が報じられると、案じられるのが実家や家族のこと。
余震は断続的に続いているが、もう多少の揺れにはマヒしてしまったように職員たちはそれぞれ電話や携帯で自宅に連絡を取り始め、私も実家に電話をかける。
しかし呼び出し音は聞こえても誰も出ない。
そのうち横浜駅西口のハマボウルで天井が崩落したとのニュースも聞こえてくる。
よく知るスポットの事故はそれだけで一気に地震被害の現実感が沸くものだ。
そもそも老齢の父母と築40年ですっかりガタついた木造の家が震度5に耐えらるのものだろうか。
上司に早退を申し入れると、どのみち仕事にならないのだからということで、4時半に業務は打ち切りとなった。

 さて、豊島区から横浜の実家までどうやって帰るか。当然歩くしかない。
おそらく電車は終日レベルで運行見合わせになるに違いない。
山手通りで渋谷に出て、国道246を西に下るという大雑把なルートを組み立てる。
カバンも置いて、身軽にジャケットの下にジャンパーを着込んで出発。
やはり慌てていたのかも知れない。携帯の予備バッテリーを置いてきてしまった。
そして、google mapで最短帰宅ルートをプリントすればよかったと後悔。
次にこういう事態となったときは必須項目として肝に銘じておくしかないだろう。
中野坂上を過ぎて、新宿を越えたあたりで早くも一時間が経過し、時間とともに電波状況が悪化していくのに苛つきながらひたすら歩く。
赤いランプで閉鎖を知らせる高速道路。大渋滞の幹線道路をけたたましいサイレンを鳴らして行き交う緊急車両。
満員すし詰めのバスとはこちらが徒歩にもかかわらず何度も追い越し、追い越されるを繰り返す。
あらためて普段の東京の日常とは違うことを実感する。
回線が制限・遮断されたのだろうか、実家の電話を呼び出すこともなくなった。バッテリーの残量ゲージがまたひとつ下がる。
 
 こう見えてもそこそこの距離を歩くことには自信はあった。
しかし、やはり加齢と肥満、普段の運動不足がたたったのだろう、渋谷に到着して国道246に差し掛かったあたりで足が重くなり、腰も痛くなってきた。
しかもビルから吐き出される勤め人が次々と狭い舗道に溢れて、舗道を埋めてくると自分のペースで歩けない。
こういう場合は淡々と歩いていくに限るのだろうが、携帯を操作しながらうつむき加減に前をタラタラと歩かれると一瞬突き飛ばしたくもなってくる。災害時には陥りやすい感情なのだろう、自分でも恐い。
仕方なく、舗道からはみ出て車道の隅を歩くことになるのだが、そうなるとバイクの走行に気をつけなければならないし、大渋滞の脇で大量の排気ガスを吸い込むことになる。
それでも苛々しながら歩くよりはマシかと思うようになっていたのだが、何より閉口したのが、日の翳りとともに気温が一気に下がり、やたらトイレが近くなることだった。

 三軒茶屋で休憩。auショップを見つけたので、携帯の充電をお願いすると「あと10分で閉店」だという。もう時刻は午後8時だ。
豊島区の職場を出てから世田谷区まで3時間半もかかっている。少々めげてきた。
しかし三軒茶屋のホテルもネカフェも満杯。もともと帰宅難民で溢れ返る都心にあって、泊まるのならもっと早く手を打たなければ駄目だったのだ。
いくらかマシだろうと思い10分間の充電をしてもらって出発。
相変わらず自宅とは連絡取れず。横浜市内のかなりの世帯で停電との情報もある。
とにかく多摩川は渡って神奈川県内には入っておきたい。

 二子玉川の高島屋では一階フロアを休憩所として開放していた。
多くの帰宅難民たちがそこで休憩している。あるいは宿泊も考えているのか。
受信メールはすべてセンター預かりとなっていた。「新着メール問い合わせ」のボタンを押すとドッと受信メールがはき出される。
無事を案じてくれて本当にありがたい。すぐに返事を出すべきだがバッテリーが気にかかり、実家連絡を優先させてもらった。本当に申し訳ない、でも感謝します。
メールにはTwitterの情報を拾って紹介くれたものもあった。
「BICカメラではサービスでバッテリーの充電をやっている」「品川プリンスが無料で開放された」「立教大学も校舎を開放」「公衆電話は無料」など。
Twitterなど縁のないもと思っていたのだが、災害時のツールとしてむしろ必須なのではないかと思えてくる。
中には「サントリーの自動販売機はすべて無料」なる真偽不明の流言が飛び交うリスクはあるものの、情報選択の判断材料がないよりはマシ。
それくらい外を歩く人間には情報がなく、心許ないことを実感した。
また、フロアを開放してモニターを設置して椅子を並べていた二子玉川の高島屋のようなサービスをもっと地域ぐるみで充実させるべきではないか。
トイレを借りるために入ったコンビニでは、出来合いのBGMを流すだけの店もあれば、ラジオの災害情報を流していた店もあった。
各キャリアの携帯ショップは閉店時間を延ばしてまでも携帯の充電サービスをやるべきだ。
国道246に入る入口では中華屋のおじさんが、ボール紙にマジックで「渋谷・東京方面←→厚木・神奈川方面」と道標を掲げていた。普段、歩くことのない帰宅者にはどれだけありがたかったことだろうか。

 多摩川を渡って、ようやく神奈川県川崎市に入ったところで、実家と連絡が取れたときには夜の9時を回っていた。
おかげさまで家ともに老父母とも大事なく、逆にこちらのことを案じていたという。
ここで完全に気が抜けた。身体も冷えてしんどいし、歩く意味もほぼなくなった。
今度は何が何でも宿泊場所を確保する必要がある。
場所は東急線とJR南武線が乗り入れる溝の口駅で、多くの勤め人たちが駅のコンコースや歩道橋に座り込んでいる。
バスやタクシーには長蛇の列、公衆電話の前にも多くの人が並ぶ。24時間営業のスーパーもどうやら臨時休業を決めたようだ。すでにJRは本日の運休を決定している。
このような状況なので、どこのネカフェも満杯。そこそこの商業地なのでおそらくホテルも押さえられているだろう。
バスやタクシーも国道の大渋滞をすでに目の当たりにしてしまっているので、とても寒空に身をすくめて長い列に並ぶ気にはなれない。
さらに足を進めて先の街まで行こうと思いつつも躊躇して、また駅前に戻るなど、結局、溝の口の駅周辺を一時間もさまよってしまった。とんだ時間と体力の無駄遣いだ。
しかし、結果的には溝の口駅前でくずくずしていたのが幸いした。
東急田園都市線が運行を開始してくれた。これで実家は無理でもアパートには帰れることになった。
アパートはちょっとした物や鏡が落ちていた程度で、震度5の揺れがあったにしては落ち着いたものだった。
職場で事務機器が棚から落ち、グラスが割れ、トイレの水漏れがあったことなどを思えば都心の方が揺れが大きかったのかもしれない。

 テレビをつけ、東北地方の甚大な被害には思わず目を瞠った。
自然の猛威に呆然とするのみだ。
とくに陸前高田の集落を呑みこんだ大津波の映像。そこに職場の先輩の実家がある。
福島に本家を持つ人もいる。原発の事故も非常に不安で、災害は未だにリアルタイムで進行している。
去年、足を踏み入れた仙台、塩竃、松島の界隈も甚大な被害に見舞われている。
まだこの度の地震を総括できるレベルではなく、地震の名称すら各マスコミともバラバラな状態ではあるが、被災地に孤立している人たちの迅速な救済を祈らずにはいられない。


author:ZAto, category:戯言, 12:25
comments(9), trackbacks(0), pookmark
Comment
御無沙汰しとります。

関東圏でも相当の揺れだったようで。
怪我など無くて何よりでございます。

大阪は微妙に揺れました。震度3だったらしい。
「あれ?眩暈かな?」と思うぐらいの。
その後、微妙に吐き気を催して何とか堪える、って感じで。

16年前の神戸の時と比べると。
ネットのおかげで情報が伝達する度合は明らかに速く&広くなったのだけれども。
ケッタイなデマや、何の根拠も無いド素人意見が垂れ流される始末で。

救うのはプロフェッショナルやエキスパートに任せろ。
アマチュアは手を出すんじゃない。

東北に知人がいます。
未だに連絡は取れていません。
でも、俺より何倍もシッカリした&強かな奴なんで、きっと大丈夫な筈です。

被災地の一日も早い収束と復興を願ってやみません。


乱文失礼しました。
tatsuya69, 2011/03/12 9:41 PM
ザトさん

やはり帰宅難民になっちゃってましたか。
私の姪っ子も有楽町で地震に見舞われたのですが・・・
幸いにして夜半には所沢の家に帰れたそうです。

原発の事故はまだまだ油断は出来ませんが、最悪の
状況は脱したとも思います。
先ずは電源確保が重要なんですが・・・ポンプや弁も
壊れている可能性はありますので・・・人海戦術になるかも。

レイニー, 2011/03/12 11:31 PM
こんばんは。

ご無事でなにより。
友人の息子が宮城に就職してますが、食事も摂れない状況で現在は避難所にいるらしいです。
先ほど電気が繋がったから帰宅したと連絡ありました。
もうお一方、とてもお世話になった方と連絡がとれず落ち着きません。。
ご無事を信じていますが。

こちら大阪での揺れをなんと表現したらよいのやら・・・ですが、tatsuyaさんが仰るように

>「あれ?眩暈かな?」と思うぐらいの。
>その後、微妙に吐き気を催して何とか堪える、って感じで。

全くそんな感じで、船酔いしたような嫌な気分の揺れ方でした。

映像を見るのが辛い、胸が痛みます。
でもしっかり見なければとも思います。
なにか出来ることはないのか・・と思いますが、今は祈るしかないのかも。。
菊, 2011/03/12 11:34 PM
Taつ!こんばんは。

こちらこそご無沙汰してます。

今も携帯電話の緊急地震速報が時々鳴っては、その後に安普請のアパートを揺らします。
岩手沖で発生、新潟中越で発生、長野北部で発生。一体、列島で何が起こってるんでしょうかね。
怪我はなかったけど、激しく筋肉痛です。

大阪も揺れたようですね。阪神・淡路のときは横浜も揺れました。
揺れはじめると思わず今いる建物への信頼性を問いたくなるものです。

>ネットのおかげで情報が伝達する度合は明らかに速く&広くなったのだけれども。
>ケッタイなデマや、何の根拠も無いド素人意見が垂れ流される始末で。

学校の校庭に「SOS 水 むせん」などと文字が書かれているのを見ると、
情報そのものは絶対必要なのだけど、今はあっという間にデマも広がりますね。
最も関東大震災の時も様々なデマが飛び交ってさらに被害を大きくさせたと記録されているので、
災害時は入り込みやすいのでしょう。当事者になったときに冷静に判断できるかどうか。

>救うのはプロフェッショナルやエキスパートに任せろ。
>アマチュアは手を出すんじゃない。

まったくこれにつきますな。

東北の知人の方は海岸沿いにお住まいでしょうか。
大事なければいいですね。


ZAto, 2011/03/13 1:50 AM
レイニーさんこんばんは。

>やはり帰宅難民になっちゃってましたか。

あるオッサンはチャリ屋でチャリを買って帰宅したそうです。
1万円を切る買い物なら、渋滞でタクシー拾うより安上がりですから頭がいい。
いろいろ経験してみないとわからないものです。

>原発の事故はまだまだ油断は出来ませんが、最悪の状況は脱したとも思います。

枝野官房長官の記者会見での説明がすべてだといいのですが、
被爆者の人数が増えつつあるようで予断は許されない感じですね。
被爆の程度や原因が気になるところです。
地震大国ゆえに、柏崎のケースといい、「想定外」を超えた安全管理はお願いしたいもの。
こんな時間に電気を煌々とつけてブログを弄くれるのも原発のお陰でしょうから。

ZAto, 2011/03/13 2:04 AM
菊さん、こんばんは。

映像を見ると本当に凄まじい限りですが、
自分も目を逸らしてはいけないと思いました。
でも、知人がいらっしゃるとなると辛いでしょうね。
お世話になられた方と早く連絡が取れればいいのですけど。

家族の誰かを残して避難している方もかなりの人数だと聞きます。
家を失くした人はこれからが大変なのかもしれませんが、
今はそれどころではないのかもしれません。
もし自分がその立場なら大人しく避難所生活を送れるのかどうか。
やはり祈るしかないですね。

ZAto, 2011/03/13 2:30 AM
気象庁の数値修整により、タイトルを「マグニチュード8.8」から「マグニチュード9.0」に変更しました。

福島の原発について現場が混乱しているようです。
こちらにもそれに関するおかしなチェーンメールが届きました。
ZAto, 2011/03/13 1:50 PM
とにかく無事でなにより
他に言葉がないよ
イングラム, 2011/03/15 9:24 PM
イングラム、ありがとう。

ご無沙汰になっていたことを気にかけておりました。
なにせお主はちょこっと連絡が途絶えると満身創痍になってたりするからな。
ZAto, 2011/03/15 11:44 PM









Trackback
url: http://blog-zatopek11.net/trackback/308
みんなのブログポータル JUGEM