RSS | ATOM | SEARCH
熱唱!ひとりカラオケ90分17曲

 まず私はひとりでいることに苦痛は感じない。
野球も映画も芝居もプロレスも、旅だって全然ひとりでOK。
しかし、無類の淋しがり屋だとも思っている。
大宴会はともかく団体旅行は苦ではないし、仲間内が集まっての飲み会も大好きだ。
ひとりで居るときは人恋しさに悶えておればいいし、
大勢でいるときは一瞬ひとりの気安さを思い浮かべればいい。

 それでも正直いうと祝日連休などという日には、
ひとりであることの絶対的な現実を突きつけられているような気がして、
そこになんともいえない情けなさが伴うから困る。
この歳になると連休で暇だからといって、気軽に呼び出せる同世代の友人などいない。
独身者は所帯持ちを羨ましく思い、所帯持ちは独身者を羨ましがるとはいいつつも、
何といっても連休の主役は家族連れ、親子連れだ。
今日あたりは息子や娘の運動会に狩り出されている同世代のお父さんも多いだろう。
まったく、こういうときにタイガースの試合でもやってくれればいうことないのだが。

 さて、今日のこと。
土曜日は前日の神宮球場の結果を受けてボー然と過ごした。
昨日も結果として買い物に出たくらいで家にこもってしまった。
いくらなんでも「体育の日」だ。ネットに張り付いたりするのは止めよう。
そこで風呂に行くことにした(どこが体育の日じゃ)
ところが風呂屋は家族連れでごった返しており、
もうガキが跳ね回るわ、湯船で泳ぐわ、飛沫を飛ばしまくるわ、泣くわ騒ぐわで、
「こりゃアカン」と早々に退散。
結局、近所の「カラオケの鉄人」でひとりカラオケをやることにした。

 ひとりカラオケって笑われることも多いが、実は非常に楽しい。
順番待ちなし、選曲自由、初唄チャレンジ、歌い直し自由、気を遣う必要なし。
何よりも他人の下手っぴな歌を聴く必要がない(悪)。
まして、イントロが流れて「ちょっとこの歌は長いですが…」と前置きしてマイクを取った途端、2、3人がトイレに立ったときの「イラっ」という気分も味合わなくて済む(爆)。
実は私は30代のときに数年間カラオケ屋をやっていた。
店が終るとよくバイトたちと別々の部屋でそれぞれひとりカラオケをして遊んだし、
稀にひとりカラオケをやりに来るお客さんも居た。
実は昨日も「カラ鉄」に行ったのだが、満室で30分待ちだった。
「ひとりカラオケ」はいいが「ひとりカラオケ待ち」はちと情けないし恥ずかしい。
今日はすぐに入室OK!(不動産屋かい)

 吉田拓郎、泉谷しげる、憂歌団、柳ジョージ、井上陽水らを前半に、
後半は北島三郎、尾形大作、渡哲也、小林繁などド演歌オンリー。
かくして私は体育の日に風呂上りに近所の「カラ鉄」で、90分17曲を熱唱した。



 しかしあの点数というのはどんな基準で採点されているのだろうか。
サブちゃんなんか完璧に唄えたような気がするのだが(実は満点狙いの勝負に出ていた)、
本日の最下位73点が出たときには思わずズッコケてしまった。
LINDBERGの「every little thing every precious thing」なんて、声はひっくり返るわ、
途中でキーを変えるわ、音痴だわでボロボロだったのだが89点でこれもズッコケた。
最高点は吉田拓郎の「マラソン」が96点で、しかも堂々の全国一位。
おそらく全国で歌った人がいなかったのだろう(苦笑)。でもこれは名曲です。

 因みに一緒にカラオケをした人は知っていると思うが、私はあまり上手くない。
そもそも「ひとりカラオケ」やって、それをブログにアップするという、
こういうのをいわゆる「自分で慰める行為」というものなのか(汗)
しかし周囲を気にせずに大声を出せるのは球場の他はカラオケくらいなもので、
ストレスを吐き出すのは一番手っ取り早いツールだと思っている。

 俺はヤメねぇぞ、ひとりカラオケを。



author:ZAto, category:戯言, 00:54
comments(10), trackbacks(0), pookmark
Comment
うはははは〜(爆)
こんばんは。お疲れさまでした(^O^♪

あれは2年前だったでしょうか
妙なところへ遭遇してしまい、そこにいる全員が引っくり返って大笑いしたのを、今また思い出して爆ウケしています。すみません!

祝日連休はこちらも同じような感じで、周りは家族の行楽に忙しくて遊んでくれないし、かといって誘われたところで連休の混雑の中へ入っていくのは億劫で、馴染みの酒場もお休みなのだからやや持て余し気味ではあります。遊び相手に困らなかった昔は遠くなり、侘び寂びの人になりました(爆)

連れ合いは、いないよりいたほうが断然良いと思っているのですが、二人でいて感じる孤独に、若い頃なら耐えられた(かもしれない)けど、今はもう無理だなぁ・・・そんな風に思ってしまいます。結局はいろんな意味でパワー不足ということなんですが。臆病にもなりますし(汗)

若い人には
「ごちゃごちゃせんとはよ結婚せぃ!スタートは早いほうがええ」
とハッパかけますが、己を省みると果てしなく呆れます凹
たんぽぽ, 2009/10/13 4:39 AM
たんぽぽさん今晩は〜

これはまた相変わらず早起きですね(もうチト早よ寝ぇっ)
冷える時間帯ですので防寒には気を使ってください。

ひとりカラオケいいですよ。
絶対にお薦めします。これがクセになったら馬鹿らしくて人とカラオケなんて行けなくなりますわ。
(いや、クセにならん方がええかな)
でももう大笑いされてから2年が経ちますか、早いものです。
それにしても、ひとりカラオケ中に何て素晴らしいタイミングだったのでしょうか(爆)

そういえばたんぽぽさんの好みの曲ってなんでしょう。
憂歌団とタクローは何となく共通の好みだったと思いますけど。

ひとりと連れ合いがいるのと、どちらどうかなんて比べられるものではありませんね。
富士山の登りはひとりでよくても、下りは連れが欲しくなるし、
逆に芝居など、幕開けは連れとわくわくしたいのに、幕が下りた途端にひとりになりたかったり。

二人でいる孤独ですか。わかりすぎるほどわかります(笑)
でも自分なら若い頃よりも今のほうがそれに耐えられるような気がするかな。
臆病になったという結論は一緒なんですけどね。

う〜ん馬鹿記事だったのにしんみりしてきますなぁ
ZAto, 2009/10/13 11:25 PM
名古屋にきなさい
つきあってあげよう
イングラム, 2009/10/16 8:09 PM
イングラム今晩は。

カラオケやりに名古屋に?
行くもんかい。

ていうより、こっちが行くというという発想しかないのかい。
君たち親子をハマに案内する用意はあるぞ。
ZAto, 2009/10/16 8:58 PM
ZAtoさん、おはようございます

好きな曲は・・・歌をほとんど知りませんが、わりとなんでも好きなんですよ(^-^)
楽しそうに歌ってる人を見るのは好きだし♪
でもガチャガチャした忙しない歌や金属的な音はちょっと苦手かな
30〜40代、ライブは、拓郎・米米・たかじん・クラプトン・KISSなどに行きました。クラシックも好きでたまに行きます。なんか好みがバラバラ・・・なんでもありですわ(汗)
ちなみに私は久保田利伸を贔屓にしております ←絶対に歌えない

カラオケボックスは、この5〜6年で7回ぐらい行ったことがあり、それで全部です(少なっ。。。)
だからカラオケ事情が全く分かりませんで、記事中の『鉄』ってのもナンノコッチャ(?_?)分かりませんのです。皆さん歌をたくさん知ってはるわぁ〜〜とひたすら感心していて、全く当世風の時代についていけてません(恥)

「今はもう無理」と書いたのは、もし誰かと連れ添うとしたら、労りあって穏やかな心で過ごせる人が良いのでそう書きました。てなことを書きつつ、私が一人で好きなことに没頭してるときは、全然気にせずどこか他所で楽しく遊んでくれてはる人が良いです(ぬけぬけ言うか〜、でもこれが意外と難しい)。自分勝手なのかな・・・こんなのはワタクシ的には二人でいる孤独のうちに入りませんのですが(爆)

いま書いてて気がつきましたが、つくづく気儘が身についてしまってるようです。誰かと連れ添うのは激しく無理っぽいですがいちおう希望として・・・ははは(^o^ヾ
たんぽぽ, 2009/10/17 8:25 AM
たんぽぽさん、こんにちは。

クボタは意外でした。想定外でした(失礼?)
でもクラシックは何となくわかります。
あとカラオケボックスで飲むなんてのはガラではなさそうなこともわかります(笑)


何だかんだいっても老いた両親との同居は宿命としてありますものですから、
今はそこに第三者を入れる勇気が持てません。
勇気というのは語弊があるとすれば、
いきなり面倒臭そうで濃くなりそうな人間関係を受け入れる用意が立たないということです。
「二人でいる孤独」って多分「同じ場所にいても寂しい」という意味ですよね。

自分の場合はやっぱり人生で手を抜いていることが多すぎます。
そして手を抜きまくった挙句に気がついたらポツーンとひとりになっている。
ひとりになっても自分が「穏やかな心で過ごせる」人であればいればいいのだけど、
今は元気に娑婆っ気、欲気、色気にまっしぐら(苦笑)
それが抜け落ちたあたりで心休まる連れがいればいうことなしですが、
それこそが贅沢の極みだということでしょうか。

ZAto, 2009/10/17 2:28 PM
ザトさん、こんにちわ
先日はメールありがとうございましたm(_ _)m
今は何とか元気でやってます(^^;ゞ

ここだけの話、私も一人で過ごすことに何の抵抗もありません。
一年間に3回ほど長期連休(約10日間位)がありますが嫁と一緒に過ごすことなんて滅多にないからです。
でも一人で行動するには面倒くさがり屋の私には到底できません。
一人カラオケなど未経験ですし一人で行きたいとは思いません・・・。
私も嫁も上手なほうではありませんがワンフレーズ唄えば満足して『はい次』ってな感じですね。
新しい唄や若い人の唄にはついていけませんしねぇ。

>吉田拓郎、泉谷しげる、憂歌団、柳ジョージ、井上陽水らを前半に、後半は北島三郎、尾形大作、渡哲也、小林繁などド演歌オンリー。

わかるような気がします(⌒▽⌒)
しんじろう, 2009/10/23 1:02 PM
簡単にいうと、まず基本的に出無精なことに加えて、休みが不規則なんで予定が立てにくい

今月末に国立競技場であるブレディスローカップ(ラグビー・ニュージーランド代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズの定期対抗戦)に行きたいんだけど、翌日が休みでないと行けないんだわ
10月31日と11月1日の予定がわかるのに一ヶ月かかるんでね

「17歳の男坊が親父とふたりで行って楽しめる場所」というのを選定するのに四苦八苦してます
小学生なら遊園地でいいし、20代になっちまえば「呑もや」でいいんだけど
なんかよい案があったら教えてください

ワタクシ、カラオケに関しては自分の傾向がわかりません
テレビの通販でやってる「60〜70年代の名曲選」の企画モノCDみたいなラインナップも組めますし、京都時代には16歳年下の女性フォトグラファーが企画した「アニメナイト」(アニメ特撮のテーマソングオンリー)で猛威を振るったこともあります
やってやれないことはないだけであって、好きではないんでないか、と思っています
イングラム, 2009/10/23 5:08 PM
イングラム、遅くなりましたm(__)m

>「17歳の男坊が親父とふたりで行って楽しめる場所」というのを選定するのに四苦八苦してます
小学生なら遊園地でいいし、20代になっちまえば「呑もや」でいいんだけど
なんかよい案があったら教えてください

私もわかりませんので、引き続きよい提案を募集します(笑)
重松清の小説に似たような設定の短編がありました。
こういうのは母娘の方がショッピングなどいろいろと潰しが利いていいのかも知れないね。
17歳の頃のわが身を思えば、
学校の中で大の方の便所を使ったことがバレるのと、
親と一緒にいるところを見られるのとは同等に恥でした(笑)
(今思えば何であんなに恥ずかしかったのだろ?)
ですので、地元から思いっきり離れてみるというのは最低限のことだと思います。
こっちに来れば時間を持て余す心配がなくなることは保証しましょう。
ただし、胃袋のコンディションを整えて来ることを条件とします(笑)

やってられないことはなくて、やってしまえるのだからカラオケを好きではないとはいえんでしょう。
(めんどくさい言い回しですが)
アニメ・特撮大会は好きではないととてもその場にはいられません。
幸か不幸か不幸か(笑)自分の場合は職場環境もあって、周囲にそういう趣向の面子が大勢居ました。
とうとう好きが高じて水木一郎先生も公認(?)のCDも出したんじゃなかったかな。
そのタイトルは「正義の大安売り」でした。
ZAto, 2009/10/25 1:07 PM
しんじろうさん、その後お身体の具合どうでしょう。

入院していると聞いたときは同級生として明日はわが身と思いましたよ。

入院ってまだやったことがないんです。
病院のベッドに横たわりながら、ひとりが好きとか嫌いとかみたいな思いがどう自分の中で確立していくのかには興味はあるところですが、
まず病気をどうするかということが第一義的にあるでしょうから興味なんていってられないのでしょうね。
上でコメントしておられる方は入院のエキスパートのようですけど、
イメージでは病気入院の辛さと怪我入院の暇さということですけど、どうなんだろう。

なにはともあれ、自分でも身体のあちこちがガタついている自覚はありますが、
心臓の具合が悪いなんて想像出来ません。
周りに人を集めやすいアニキ肌のしんじろうさんですので、サービス精神を発揮しすぎて奥さんに心配かけないようにご自愛くだされ。
ZAto, 2009/10/25 1:30 PM









Trackback
url: http://www.blog-zatopek11.net/trackback/180
みんなのブログポータル JUGEM