RSS | ATOM | SEARCH
あー、25年ぶりに映画撮りたくなった


 前記事でイングラムがくれたコメントからお題を頂戴させてもらいます。

 高校時代、大学に受かったら映研に入りたかったというのはありました。
(受験に滑ったら今村昌平の日本映画学校に行こうと思っていた)
それはかなり強い願望でしたが、当時は不良性感度濃厚の映画ばかり観ていた影響で、
鋭い目つきに短めのパーマと、鼠先輩のような風体でキャンパスを歩いていたものだから、
映研の受付けに辿り着く前に、「日本精神研究会」なるサークルに拉致られてしまい(汗)、
早くも映画青年としての希望は入学式直後の段階で断たれたという経緯がありました。
まあ、その作品を学園祭で観たときには入部しなくて正解だったと思いましたが。

 それからしばらくしてバイト仲間で映画を撮ろうという話が出来上がって、
何とか頑張ってFUJIの8ミリカメラ(サウンド8)とエルモ社の映写機を月賦で購入。
“緋桜団”なる映画制作サークルを結成して、手始めに近所の森の中で20分ほどのアクション映画を撮りました。
内容は各自がモデルガンを持って泥だらけになりながらドンパチと森林を転げまわるという、
実に他愛ないサイレント映画でしたが、現像があがり、白壁に映写したときの昂揚感は忘れられません。
カッターとテープがついて手回しで画像が覗ける安価な編集機と挌闘しながら、
フィルムを切ったり繋いだりすることに朝まで没頭したときの楽しかったこと。

 70年代の終わり頃から「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」というイベントが始まり、
学生映画のちょっとしたブームもあって、全国の映画サークルがそこを目指したわけです。
当時、池袋文芸地下で行われたPFFの熱気は凄まじく、連日大入りの大盛況。
「映画が撮影所ではなく我々の手から誕生する時代」という妙な共同幻想が膨らむ中で、
先行していた大森一樹や長崎俊一に続けとばかり、PFFから森田芳光、石井聰亙、今関あきよし、犬童一心、手塚真、飯田譲治、利重 剛、松岡錠司、黒沢 清、山川直人、中島哲也、塩田明彦、橋口亮輔、塚本晋也、矢口史靖らが輩出。

 そんな中で、我が“緋桜団”も近々にはPFFに乗り込むぞとばかり、
闇雲に撮影しては切った繋いだを繰り返していたのでしたが、なにせ映画は金が掛かる。
8mmといってもフィルム代、現像代は馬鹿にならない。
『人斬り雀』というタイトルの脚本らしきものは書いたものの、
全員が内容に賛同するわけでもなく、期限のない宿題を各々が憮然として持ち帰る。
そのうち、メンバーが次々と運転免許を取るとバイト代も車遊びに費やされ、
デート代も馬鹿にならないから、もっと稼げるバイト先に鞍替えしたので全員がバラバラ。
そうこうしているうちに月賦で買った自慢の映写機も、
悪い仲間が手に入れたブルーフィルムの秘密上映会として、生唾を飲む音ともに友人宅の襖にめがけて光を放つのみ。
そのうち、お決まりのゼミだ、卒論だ、就職だとなって自然消滅してしまうというお粗末。
結局、8mmカメラも映写機も最後の仕事は卒業旅行でしたね。
それ以来、ダンボールに仕舞われたままミイラのように長い眠りについていたのを、
ビデオ屋をやっていたとき、映画学校に通っていたバイトにくれてやりました。

 さて、脚本だけ書いた“緋桜団”幻の作品『人斬り雀』。
その脚本もどこかに消えてしまったのだが、何故か主題歌だけは残っていて(爆)。
G、Em、Am、C、Dmという簡単なコードだけで作詞作曲した。
過去の恥をこの際だから晒してしまいましょう(呆)

 -----------------------------------------------------------

  人斬り雀


 よたれ、与太つく世間の裏で 
 街の灯りが目にしみる
 なんだか今夜は寒そうに 
 ぼんやり星が泣いていた
 泣かせてくれるな人斬り雀

 のらり、野良つく雨ン中
 痩せ犬 背中をついてきた
 弱い犬ほどよく吠える
 やくざなこの身を見てるよな
 笑わせやがるぜ人斬り雀

 どうせ、おいらはやくざもの
 昨日を棄てた虫けらよ
 思いを馳せる明日もなく
 今日も血まみれ泥まみれ
 人で無しよと人斬り雀

 おわれ、追われて果てしなく
 とべない雀の行く末は
 故郷の空を思い出す
 飢えて乾いて傷ついて
 それでも死ねずに這いつくばった

 ながれ、流れた懺悔花
 死に花 きれいに咲かせよか
 今さら未練もないけれど
 捨てたあいつが目に浮かぶ
 果てて散りましょ人斬り雀

 果てて散りましょ人斬り雀

 -----------------------------------------------------------


これ、今でも歌えます。名曲です(笑)。

今はギターもないな…。


author:ZAto, category:趣味, 00:35
comments(10), trackbacks(0), pookmark
Comment
ZAtoさん、こんばんは〜

人斬り雀て・・・めちゃウケてます(^O^)
今度歌ってくださーい!!(笑)

今日は久しぶりに梅田ブルグ7に行きましたが
お目当ての映画は満席でした。残念〜! 
たんぽぽ, 2008/11/04 1:48 AM
やっぱり撮らないでおこう、と思った(爆

主題歌といえば小室の一件で先の『ハンサム☆スーツ』はどうなるのかね? 影響がなければいいのだけれど主題歌がね。
イングラム, 2008/11/04 6:48 AM
たんぽぽさん今晩は〜。

今度、来阪した折にはカラオケでも行きますか。
Tっんにギターを持ってきてもらって(爆)
ギターのコードではFもありました。
しかし改めて歌詞を書き起こすと、雀なのに犬になったり虫になったり無茶苦茶ですね(恥)。
因みに主人公は鈴目睦郎といいます(爆)。

> お目当ての映画は満席でした。残念〜!

昔はそこで仕方なく別の映画を観ると、それが拾い物だったなんてことがよくありました。
今は他にもいろいろ娯楽がありますからね。
ZAto, 2008/11/04 11:26 PM
イングラム今晩は〜。

結局、紆余曲折の末に撮影現場をうろうろすような仕事にも就きましたが、やっぱり面白いものではありますな。

「My Revolution」は主題歌でもあり、『ハンサム☆スーツ』のモチーフでもあるので、今さら差し替えようがないのだけど、著作権の行方は気になるところですな。
ZAto, 2008/11/04 11:33 PM
>G、Em、Am、C、Dmという簡単なコードだけで

Gが基調なら、Dmがどうもシックリ来ない。

おそらく、DもしくはD7ではなかろうか。
と無粋なツッコミを入れてみる(笑)

あ、でもFが入るならDmか。

いかん、これではザトさんの思うツボではないか。
何のこっちゃ(笑)
tatsuya69, 2008/11/05 11:14 PM
こんばんは〜

>Tっんにギターを持ってきてもらって(爆)

Tatsuyaさんのギターは、
アコースティックじゃないような気がします ←そんなイメージあります
(っていうか、持ってきてもらう気なのか・・・爆笑)

Fって指が短い人はしんどいコードですやんね?(どうでもいいツッコミ)
たんぽぽ, 2008/11/06 12:13 AM
Taっん今晩は。

う〜ん、D7だったかもしれないな。
手元にギターがないのでわかりましぇん。
ていうかギターがないとわからん程度の腕前です。
「人斬り雀」はどマイナーモードですが、名曲です(しつこい)

今度、機会があったら皆で歌いましょう(笑)
ZAto, 2008/11/06 12:14 AM
たんぽぽさん今晩は〜

コメントにURLを貼れない設定にしたので、
しょーもないリンクを本文記事の最後にしのばせました(笑)。

>Tatsuyaさんのギターは、
アコースティックじゃないような気がします ←そんなイメージあります

いやいや意外とアコギな奴かも知れませんぜ(ふっ)
ということで生ギター演奏つきカラオケ大会をやりますか(強引)
ZAto, 2008/11/06 12:24 AM

ZAtoさん。。。楽しそうですな(汗)

おとなしめのZAtoさんしか知らないので
お弾けになってるお姿も拝見してみたいです(爆)
たんぽぽ, 2008/11/06 1:02 AM
そりゃ
いい女を目の前にすれば緊張しますって(お返事不要…笑)
ZAto, 2008/11/06 1:11 AM









Trackback
url: http://blog-zatopek11.net/trackback/101
みんなのブログポータル JUGEM